2019.11.03 08:45

秋季四国高校野球 明徳センバツ確実 中央、岡豊は敗れ厳しく

 第72回秋季四国地区高校野球大会第3日は2日、徳島県の鳴門オロナミンC球場で準決勝2試合を行った。高知3位の明徳義塾は、高知1位の高知中央に16―1の五回コールドで圧勝して決勝進出を決め、2年ぶり19度目となる来春のセンバツ甲子園出場を確実にした。高知2位の岡豊は、香川1位の尽誠学園に2―13の六回コールドで敗れた。中央、岡豊ともにセンバツ出場は厳しくなった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ