2019.11.02 14:32

猫でけんかしない町に 高知市6地区で「地域猫」

地域住民団体が不妊手術を受けさせ、耳に目印のV字の切れ込みを入れて「地域猫」として登録されている猫(高知市内)
地域住民団体が不妊手術を受けさせ、耳に目印のV字の切れ込みを入れて「地域猫」として登録されている猫(高知市内)
町内会の会合で「地域猫」について市役所などから説明を受ける住民ら(高知市内)
町内会の会合で「地域猫」について市役所などから説明を受ける住民ら(高知市内)
不妊、去勢手術し住民世話 野良子猫、ふん尿被害減
 猫のご近所トラブルに悩む高知市の町内会組織が「地域猫」という活動を始めている。野良猫に餌を与える人を敵視して孤立させるのではなく、味方に取り込み、一緒に不妊去勢手術やふん尿の始末などをするという。
 
 高知市南部の住宅街。昨春、町内会役員の男性(60)が困っていた。隣人が猫の菌に対する免疫がなくなる病気にかかったが、近所に5、6匹の野良猫がいて、ふん尿被害がひどい。医者からは「ふんから菌が出るので近所の猫を処理しないと退院させられない。命に関わる」と告げられたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ