2019.11.02 08:45

きょうからカーニバル00 高知市でシンポやトーク多彩に

通行人に「カーニバル00in 高知」をPRする安藤和津さん=右(1日午後、高知市追手筋2丁目)
通行人に「カーニバル00in 高知」をPRする安藤和津さん=右(1日午後、高知市追手筋2丁目)
 「カーニバル00in高知」(2~4日)の開幕を前に1日、映画監督の安藤桃子さんらが高知市追手筋2丁目のメイン会場でシンポジウムやワークショップのチケットを直接販売し、「どれもすごく楽しい。ぜひ来て」と呼び掛けていた。
 
 カーニバルをより多くの人に知ってもらい、手軽にチケットを買ってもらえるよう開幕前日の直接販売を企画した。応援に駆けつけた桃子さんの母親でエッセイストの安藤和津さんは「県民には改めて高知の良さを、講師は高知流のおもてなしを味わってもらい、お互いがうれしくなれるようにしたい」と意気込んでいた。
 
 2日は午後1時半から追手前高芸術ホールで、桃子さんや脳科学者の茂木健一郎さんらが参加してオープニングシンポジウム。午後4時半からはメイン会場となっているオーテピア横の「西敷地」で前夜祭。
 
 3日は午前10時から中心商店街などで、芸術や自然、食などにまつわる50以上のトークショーやワークショップがある。県内外から各分野の専門家ら約70人が登壇する。
 
 4日は午後2時から追手前高芸術ホールで、田原総一郎さんらが参加してクロージングシンポジウム。
 
 実行委員会によると、15ほどのワークショップにまだ空席があるという。当日もオーテピア西側の総合案内で販売する。一部を除き500円。問い合わせは実行委事務局(088・823・9793)へ。(河本真澄)

【動画】語り踊って熱気に酔う「カーニバル00」高知市に安藤サクラさんら著名人90人
【動画】心がふたふた… 土佐弁は標準語に訳しにくい? 三山ひろしさん語る

カテゴリー: 文化・芸能主要高知中央


ページトップへ