2019.10.30 08:43

声優、漫画家と楽しもう 11/2、3高知で「まんさい」 小野大輔さんも

井上喜久子さん、田中敦子さん、鈴村健一さん、木村良平さん、森久保祥太郎さんら参加
 漫画とアニメの祭典「まんさい―こうちまんがフェスティバル2019」が11月2、3の両日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれる。有名声優のトークや、漫画家との交流を楽しめる企画が盛りだくさんで展開する。

 メインステージでは2日午前9時45分からオープニングセレモニーがあり、小学生以下対象のお菓子投げで開幕。横山隆一記念まんが館など主催の「4コマまんが大賞」表彰式に続き、来場者に漫画の吹き出しを考えてもらう「ふきだしで吹き出せ!」が行われる。
 
 2日午後0時半からは、声優による東日本大震災復興支援チャリティー企画「文芸あねもねR」に参加する、井上喜久子さんと田中敦子さんがイベント。
 
 2日午後2時半からは、「東のエデン」滝沢朗役などの木村良平さんがトークショーを行う。当日整理券は午前10時から配布する。午後5時15分からは、地元バンド「MANKAz(まんかず)」などがアニソンライブで盛り上げる。
 
 3日は午後0時半から、しんじょう君ら高知県内ご当地キャラたちが登場する。
 
 他に声優の鈴村健一さんのトークショーや、森久保祥太郎さんと佐川町出身の小野大輔さんが登壇予定の「まんさい親善大使の部屋」があるが、いずれも事前整理券の応募が多数のため、当日整理券は配布しない。ただ、当日会場に余裕があれば入場できる。
 
 ステージ以外では、人気イラストレーターらのライブドローイングや、高知県内在住の正木秀尚さんによる漫画教室「まんがジム」、4こま漫画「きんこん土佐日記」の村岡マサヒロさんとのお絵描き対決「すみっこであいましょう」、自分の絵でグッズを作る「まんがで遊ぼう!」コーナーなどがある。
 
 高校生以上は各日500円、小中学生は2日間で500円、小学生未満無料。県内漫画関係者らでつくる実行委と同市などの主催で17回目。問い合わせは横山隆一記念まんが館(088・883・5029)へ。(徳澄裕子)



ページトップへ