2019.10.27 08:45

秋季四国高校野球 岡豊、明徳が準々決勝進出 中央きょう10/27初戦

【岡豊―英明】2回裏岡豊2死三塁、阪口がセーフティースクイズを決め、三走田中=手前=が生還し、2―1と勝ち越す(鳴門オロナミンC球場=佐藤邦昭撮影)
【岡豊―英明】2回裏岡豊2死三塁、阪口がセーフティースクイズを決め、三走田中=手前=が生還し、2―1と勝ち越す(鳴門オロナミンC球場=佐藤邦昭撮影)
 第72回秋季四国地区高校野球大会は26日、徳島県の鳴門オロナミンC球場などで開幕。各県2、3位校による1回戦4試合を行った。高知2位の岡豊は英明(香川3位)を5―1、高知3位の明徳義塾は小松(愛媛2位)を8―1でそれぞれ下して、ともに準々決勝に進出した。高知1位の高知中央は27日の初戦で城東(徳島3位)と戦うことが決まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ