2019.10.21 08:31

長平ってすごい! 香南市の海岸で「無人島体験教室」

漂着した木々をくべて火だねをつくる児童ら(香南市夜須町)
漂着した木々をくべて火だねをつくる児童ら(香南市夜須町)
 高知県香南市香我美町岸本出身で、12年間の無人島生活から生還した野村長平(1762~1821年)について学ぶ「無人島体験教室」がこのほど、香南市内で開かれ、市内5小学校の4~6年生11人が長平の生きざまに思いをはせた。

 船乗りだった長平は1785年に土佐沖で嵐に遭い、伊豆諸島の鳥島に漂着。後に流れ着いた船乗りとともに小舟で脱出し、1798年に古里に帰り着いた。地元では「無人島長平」の愛称で親しまれる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育香長

ページトップへ