2019.10.21 08:32

【動画】四万十川ウルトラマラソン 2397人走り抜ける

 
 
100キロ女子 仲田さん(千葉)大会新
午前5時半、一斉に走り出した100キロの部のランナーたち(四万十市の蕨岡中学校前)
午前5時半、一斉に走り出した100キロの部のランナーたち(四万十市の蕨岡中学校前)
 「第25回四万十川ウルトラマラソン」が20日、高知県四万十市や高岡郡四万十町を舞台に開かれ、全国各地の2397人が四万十川沿いを走り抜けた。100キロの部は、男子が東京都のプロランナー、川内鮮輝(よしき)さん(28)が6時間48分49秒で2年ぶり2度目の優勝、女子は千葉県の公務員、仲田光穂(みほ)さん(30)が7時間52分22秒の大会新で初優勝を飾った。
 
 秋の幡多路を疾走する人気の大会で、応募者は今回も5千人を超えた。夜明け前の午前5時半、100キロの部の1795人が四万十市蕨岡甲の蕨岡中学校前をスタート。60キロの部の602人は午前10時、四万十町十川の「こいのぼり公園」から出走した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ幡多高幡


ページトップへ