2019.10.20 08:35

宿毛市を自転車の街に...シェア実証実験 東京の企業と連携、市内5カ所に基地

「シェアサイクル」の出発式で自転車にまたがってアピールする中平富宏市長=左から2人目=ら(宿毛市役所=平野愛弓撮影)
「シェアサイクル」の出発式で自転車にまたがってアピールする中平富宏市長=左から2人目=ら(宿毛市役所=平野愛弓撮影)

観光振興、利便性向上へ
 宿毛市は18日、東京の企業と連携して市内5カ所で自由に乗り降りできる自転車を貸し出す「シェアサイクル」の実証実験を始めた。観光振興や交通の利便性向上を目指し、最長3年間の利用実績を分析して自転車を活用したまちづくりに生かす。

 従来のレンタル事業と違い、利用者が自転車を借りた場所とは別の場所にも返却できるのが特長。新たな交通、観光の手段として首都圏を中心に広がっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ