2019.10.20 08:37

ユニークかかし並ぶ「刃物まつり」きょう10/20まで 香美市

人と見間違えるほどのかかしを作り優勝した「神池なかよし会」(香美市土佐山田町宮ノ口の鏡野公園)
人と見間違えるほどのかかしを作り優勝した「神池なかよし会」(香美市土佐山田町宮ノ口の鏡野公園)

 土佐打刃物の販売や、ユニークなかかしコンテストで人気を集める恒例の「第38回刃物まつり」が19日、香美市土佐山田町の鏡野公園で始まった。屋台がずらり並び、多くの家族連れらでにぎわった。20日午後4時まで。

 コンテストでは、県内外の力作55点が並んだ。最高賞に輝いたのは、香美市物部町神池の住民グループ「神池なかよし会」。住民をかたどったかかしがおきゃくを楽しんだり、コウゾを背負ったり、シカを駆除したりするなどして、里山の暮らしが生き生きと表現されている。製作者の一人、岡本記征(のりゆき)さん(80)は「山暮らしの楽しみや悩みを多くの人に知ってもらいたいね」と話していた。

 土佐刃物流通センター(土佐山田町上改田)による刃物研ぎコーナーには次々と包丁や鎌が持ち込まれ、同センターの田村有三専務理事は「一生懸命研ぎゆうきね。切れ味抜群の刃物も見てって」と呼び掛けている。

 隣接する高知工科大学では学園祭が開幕。午後6時50分ごろからキャンパス中央の時計台でプロジェクションマッピングも行われる。20日まで。(竹内将史)

 かかしコンテストのそのほかの上位入賞は次の通り。

 総合=(2)片地小学校(香美市)(3)おば☆めい×2(同)デイサービスときめき(南国市)
▽子ども=(1)朝倉中学校生徒会(高知市)(2)土佐山田幼稚園(香美市)(3)第二土佐山田幼稚園(同)

カテゴリー: 主要文化・芸能香長


ページトップへ