2019.10.19 14:33

県展後期が開幕 力作に刺激 かるぽーとで10/27まで

来場者がじっくりと作品鑑賞を楽しむ「第73回県展」後期の会場(19日午前、高知市の「かるぽーと」=佐藤邦昭撮影)
来場者がじっくりと作品鑑賞を楽しむ「第73回県展」後期の会場(19日午前、高知市の「かるぽーと」=佐藤邦昭撮影)
 「第73回県展」後期が19日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開幕した。来場者は知り合いの力作を見つけたり、創作の刺激を得たりしながら会場を回っていた。

 今年の県展は全8部門を前後期制に分け、「かるぽーと」のみで開いている。前期は既に終了。後期は洋画、日本画、工芸、先端美術の4部門の入賞入選作や、無鑑査作家の作品など、計448点が展示されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化高知中央


ページトップへ