2019.10.19 08:32

県展後期が10/19開幕 かるぽーとで前夜祭 出品者ら鑑賞

県展後期の前夜祭で一足早く鑑賞を楽しんだ出品者ら(18日夜、高知市の「かるぽーと」=久保俊典撮影)
県展後期の前夜祭で一足早く鑑賞を楽しんだ出品者ら(18日夜、高知市の「かるぽーと」=久保俊典撮影)
 前後期制で開かれている「第73回高知県美術展覧会(県展)」(高知新聞社、RKC高知放送主催)の後期前夜祭が高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で18日夜行われ、招かれた入賞入選者ら203人が訪れて作品鑑賞を楽しんだ。会期は19日から27日(無休)まで。

 後期は洋画、日本画、工芸、先端美術の4部門で計448点の作品を展示。午後6時からオープニングセレモニーが行われた後、出品作家たちが続々と入場した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化高知中央


ページトップへ