2019.10.18 08:35

10/27高知市と香南市で動物愛護イベント 11/3犬猫譲渡会も

 10月末と11月初め、高知県内で二つの動物愛護イベントが開かれる。

 10月27日は「動物愛護のつどい」が開かれる。高知県動物愛護推進協議会(会長=上岡英和・県獣医師会長)の主催で38回目。動物愛護週間(9月20~26日)の関連行事で、県内3会場で同時開催する。

 メインは高知市の丸ノ内緑地で、絵画展表彰▽ポニー触れ合いコーナー▽推進員による愛護教室▽犬のしつけ方教室▽獣医師への健康相談▽迷子札作りなど。午前10時半~午後3時で雨天中止。
 わんぱーくこうちアニマルランド(高知市)と県立のいち動物公園(香南市)で、クイズラリーなどがある。問い合わせは高知県食品・衛生課(088・823・9673)へ。

 11月3日は高知市鷹匠町の鏡川河畔「みどりの広場」で保護犬猫の合同譲渡会「犬と猫のしあわせのつどい」がある。NPO法人「アニマルサポート高知家」(吉本由美代表、旧わんにゃん高知家)の主催で2回目。

 県内の団体、個人が保護している犬20匹以上、猫約40匹予定。2018年は62匹中、37匹のトライアル(試し飼い)が決まった。高知新聞連載4こま漫画「きんこん土佐日記」の作者、村岡マサヒロさんも子猫2匹を譲り受け、今回はポスター制作で協力した。

 午前10時~午後3時。野良猫の困り事や飼い犬の悩み相談のほか、フリーマーケット(約30)もある。雨天中止。問い合わせは、アニマルサポート高知家(090・1323・9874)へ。(掛水雅彦)

カテゴリー: 社会高知中央香長

ページトップへ