2019.10.17 08:33

4人の地区に35人帰郷 高知県内外から 仁淀川町大見槍で交流会

思い出話で住民や出身者が盛り上がった交流会(仁淀川町の大見槍集会所)
思い出話で住民や出身者が盛り上がった交流会(仁淀川町の大見槍集会所)

 住民が4人しかいない吾川郡仁淀川町別枝の大見槍(おおみやり)地区でこのほど、高知県内外から35人の地区出身者が帰郷し、旧交を温める交流会を開いた。出席者は「元気やったかね」と笑顔であいさつを交わし、思い出話で盛り上がっていた。
 
 同地区は大渡ダム南岸の山あいに位置し、かつては100人以上が暮らしていたという。交流会は4年前、高岡郡佐川町在住の西村啓子さん(70)が、「古里を少しでも元気にできないか」と発案して始まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高吾北


ページトップへ