2019.10.17 08:50

子どものスマホ「内斜視」に要注意 高知県内で小学生手術例も

小さな画面、長時間見続けると...
 スマートフォンなどの小さい画面を長時間近くで見続けると、片方の黒目が内側に寄る「急性内斜視」を引き起こす可能性が指摘されている。特に子どもが要注意で、高知県内でも「ゲームを一日中していた」という小学生が手術を受けたケースがあった。専門家は「適切な距離を保ち、長時間見続けないように」と訴えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ