2019.10.17 08:39

食品ロス削減ショップ、高知市にオープン 賞味期限間近や規格外を格安販売

賞味期限が近い食品などを格安で販売する「eco eat 高知御座店」(16日午後、高知市海老ノ丸)
賞味期限が近い食品などを格安で販売する「eco eat 高知御座店」(16日午後、高知市海老ノ丸)

 食べられる食品を廃棄する「食品ロス」の削減に取り組むショップ「eco eat(エコイート) 高知御座店」がこのほど、高知市海老ノ丸にオープンした。賞味期限や規格外などの理由で廃棄対象となった商品をメーカーや卸・小売店から仕入れ、一般向けに格安で販売。将来的には、子ども食堂や福祉施設などへの食品提供も考えているという。 

 セントラルグループの山本文吉商店(高知市、山本文吉社長)が、食品ロスが社会問題化していることを受けて開業した。開業に当たっては、関西で「エコイート」3店舗を展開する大阪市のNPO法人「日本もったいない食品センター」が営業ノウハウを提供した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会新店オープン社会


ページトップへ