2019.10.16 08:35

三原の小水力発電稼働 地元NPO 長年の構想実現

稼働し始めた小水力発電施設(三原村芳井の下ノ加江川)
稼働し始めた小水力発電施設(三原村芳井の下ノ加江川)
 幡多郡三原村芳井にNPO法人「いきいきみはら会」が整備していた小水力発電施設「ふるさと発電所」がこのほど、完成した。構想から10年以上を経ての稼働。同会は「長年の取り組みが形になった。ここからがスタート」と意気込んでいる。
 
 同会は2002年に地区の森林整備や高齢者支援などを目的に発足。収益確保のため、08年ごろから、下ノ加江川での小水力発電構想を練り、水量調査や売電先の四国電力との協議を重ねてきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多

ページトップへ