2019.10.14 08:44

室戸「神祭」華々しく 俄、花台、みこし… 市内各地で11月中旬まで

ちょうちんが光の輪を描いて舞う花台(室戸市吉良川町)
ちょうちんが光の輪を描いて舞う花台(室戸市吉良川町)
 室戸市が秋の「神祭」シーズンを迎えている。12、13日には宵宮や大祭が5カ所で行われ、俄(にわか)や花台、みこしなど個性豊かな祭事が繰り広げられた。

 御田八幡宮(吉良川町)では、高さ約5メートルの「花台」が登場した。町内4地区が1基ずつ繰り出し、12日夜には境内で豪快に回す「チョーサイ舞」を披露。数多くのちょうちんがともる花台が担ぎ上げられ、勢いよく回るたび、観客は拍手を送っていた。

奈良師海岸の入り口で回る「鯨舟」の山車(同市浮津)
奈良師海岸の入り口で回る「鯨舟」の山車(同市浮津)
 浮津八王子宮では、古式捕鯨の船をかたどった二つの山車「鯨舟」「曳(ひき)舟」が、伝統装束に身を包んだ行列とともに海岸へ。台風で荒れた前日までとは一転して穏やかな海を前に、みこしが大きくうねり、法被に締め込み姿の男たちが鯨舟唄を歌い上げた。

大声で熱演し、笑いを取る「佐喜浜俄」(同市佐喜浜町)
大声で熱演し、笑いを取る「佐喜浜俄」(同市佐喜浜町)
 佐喜浜八幡宮では、世相を皮肉る「佐喜浜俄」で境内に笑い声が響いた。今回は領土問題から仮病で逃げようとする安倍晋三首相や、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が登場。

 「不祥事が起こっても、昔の日本が悪い言うたら国家が維持できる」と暴論を展開する文大統領役に、「日米韓同盟をないがしろにしよったら、米大統領が怒って孤立させられるぞ!」と住民役。その証拠にとトランプを次々と掲げ、「韓国のキングであるおまんが暴走して外国を敵に回しよったら、国交は正ジョーカー(正常化)されず、国はジャック体化(弱体化)し、クローバーっかりで、後にはクイーン(悔い)しか残らないであろうがの~」と落とした。

 このほか、神祭は羽根町や室津でも行われた。市内では11月中旬まで各地で神祭が続き、市のウェブサイトに日程が掲載されている。(大野耕一郎)

カテゴリー: 文化・芸能室戸


ページトップへ