2019.10.12 15:50

高知パフォーミング・アーツ・フェスティバル2019 座・高円寺レパートリー「ピン・ポン」

 高知県立美術館の主催。演劇の魅力を知りつくした演出家・佐藤信(座・高円寺芸術監督)と、「かおノート」や「パンダ銭湯」などで人気のユニットtupera tupera、自由な身体表現の可能性を求める舞踏家の竹屋啓子が、子どもたちのために心を込めて作ったお芝居です。
 何百個ものたくさんのピンポン玉、糸やスプーン、透明のチューブやドライヤー、ビニール傘など、身近にある“もの”たちが、夢の中の物語をつむぎます。
 座・高円寺、そして全国で10年間連続上演する名レパートリーです。はじめての観劇にもおすすめの作品です。
開催日 11月30日
場所 高知県立美術館ホール(高知市高須353-2)
時間 11時~12時、14時~15時
入場料・参加料 前売り 一般1500円 小学生以下500円
当日 一般2000円 小学生以下1000円
カテゴリー: 音楽・舞台見に行く


ページトップへ