2019.10.11 14:33

新聞記者

シム・ウンギョンと松坂桃李の演技は終始、緊張感がみなぎる
シム・ウンギョンと松坂桃李の演技は終始、緊張感がみなぎる
真実は? 自分さえ疑え
 東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者は官房長官の会見で他社が突っ込んだ質問をしない中、粘り強く質問して有名になった。記者クラブのなれ合いに活を入れる姿は痛快だ。

 本作は望月記者の著作が原案。あの会見の裏側や、記者の葛藤に迫った内容を期待したが…フィクション色の濃い政治サスペンス映画だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: シネスポット文化


ページトップへ