2019.10.10 11:45

旧東芝メモリ、岩手に新工場完成 北上市、三重に続き2カ所目

 岩手県北上市に建設されたキオクシアの新工場(同社提供)

 記憶媒体フラッシュメモリーのシェアで世界2位のキオクシア(旧東芝メモリ)は10日、岩手県北上市に完成した新工場で安全祈願祭を開いた。主力の四日市工場(三重県四日市市)に続く国内2カ所目の生産拠点となる。2020年中の生産開始を目指す。

 祈願祭には、子会社のキオクシア岩手の米倉明道社長が出席し、神事の後に「地域の経済と連携し、地元から愛されるようにまい進したい」とあいさつした。

 北上工場では、人工知能(AI)を活用したシステムで生産性向上を図り、自動運転車やスマートフォンなどに需要が見込まれる3次元フラッシュメモリーを製造する。
カテゴリー: 経済


ページトップへ