2019.10.08 11:16

楽天コミュニケーションズ 新たに「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」を提供開始

2019年10月8日

楽天コミュニケーションズ株式会社

楽天コミュニケーションズ、
パブリッククラウドサービス「楽天クラウド」をリニューアルし、
新たに「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」として提供開始

 楽天グループのICT事業会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)は、これまで提供していたパブリッククラウドサービス「楽天クラウド」を全面的にリニューアルし、新たに「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」として、本日よりサービスの提供を開始しました(注1)。

 「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」は、デジタルトランスフォーメーションを推進する中堅・中小企業のお客様および各種SaaS(注2)プロバイダー様を対象として提供する法人向けパブリッククラウドサービスです。今回、クラウドコンピューティングプラットフォームとして採用するレッドハット株式会社の「Red Hat® OpenStack® Platform」は、世界中のデベロッパーが参加してオープンソースソフトウェアを開発するOpenStack®(注3)プロジェクトの結果を基に開発・提供されている製品で、機能拡張が継続的かつ自動的に行われるため、スピーディーに拡張性の高いクラウド環境を提供することが可能になります。

 また、各企業は、IaaS(注4)である本サービス内に複数のプライベートネットワークを生成できるため、セキュアな環境でサーバーを構築し、運用効率の向上およびセキュリティ強化を実現できます。開発時においても、コンピュータネットワークの接続形態が可視化できる(ネットワークトポロジー)ため、開発効率の向上を図ることが可能です。

 レッドハット株式会社の代表取締役社長である望月 弘一氏は、次のように述べています。
「今回、楽天コミュニケーションズ様の新サービス、『楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform』に『Red Hat® OpenStack® Platform』がマルチテナントで採用されたことで、中堅、中小のお客様にも同製品による高品質な開発環境により、柔軟で拡張性の高いクラウドネイティブなインフラストラクチャーを構築していただけることを大変嬉しく思っております。レッドハットの認定クラウド&サービスプロバイダーである楽天コミュニケーションズ様との緊密な協業により、ユーザーが総運用コストを削減して、オープンソーステクノロジーに基づく真にオープンなハイブリッドクラウドを実現できる、新しい高付加価値サービスを提供できます」

 楽天コミュニケーションズは、これまでの「楽天クラウド」の導入実績と知見をもとに、環境構築支援から保守までの一貫したサポート体制と、より高品質で拡張性の高いクラウドサービスを提供してまいります。

(注1) 既存の「楽天クラウド」は、現在ご利用中のお客様による継続利用およびリソースの追加等は可能ですが、新規申込の受付は原則として停止しています。
(注2) SaaS(Software as a Service)とは、これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由で提供するサービスのことです。
(注3) 非営利法人OpenStack Foundation によって管理されているオープンソースソフトウェアで、プライベートクラウドやパブリッククラウドを構築・管理するためのIaaSプラットフォームです。
(注4) IaaS(Infrastructure as a Service)とは、仮想化技術を利用して、サーバーなどのシステム基盤(ITインフラ)を、インターネット経由で提供するサービスのことです。

「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」概要


・サービス名: 「楽天クラウド Red Hat® OpenStack® Platform」
・提供会社: 楽天コミュニケーションズ株式会社
・OS: Red Hat® Enterprise Linux®等
・ネットワーク仮想化プラットフォーム: VMware NSX-T Data Center
・サービスページURL: https://cloud.rakuten.co.jp/redhat/

※Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。
※Linux®は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。
※OpenStackのワードマークは、米国およびその他の国々におけるOpenStack Foundationの登録済みの商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのいずれかであり、OpenStack Foundationの許諾の下に使用されています。Red Hatは、OpenStack FoundationやOpenStackコミュニティに所属しておらず、公認や出資も受けていません。


【楽天コミュニケーションズ株式会社について】
新ビジョン『The New Value Enabler towards our Digital Society』のもと、従来からの固定系通信サービス(マイライン、IP電話、インターネット接続サービス)に加え、モバイル、クラウドサービスなど今後の『Everything over Digitalization』を見据えたソリューションを提供する楽天グループのICT事業会社です。IP プラットフォーム上での音声やデータ、コンテンツやアプリケーション開発などの新たな可能性を創出すべく、さらなる事業展開の拡大を目指します。詳細は https://comm.rakuten.co.jp/ をご覧ください。

以 上

※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。



【業種】:その他情報・通信業

【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/201910081855
カテゴリー: プレスリリース


ページトップへ