2019.10.07 08:26

第73回県展初の日曜 芸術の秋楽しむ 無鑑査解説 熱心に聴講

“県展サンデー”の会場では、無鑑査作家による作品解説も行われた(6日午前、高知市の「かるぽーと」=飯野浩和撮影)
“県展サンデー”の会場では、無鑑査作家による作品解説も行われた(6日午前、高知市の「かるぽーと」=飯野浩和撮影)
「第73回高知県美術展覧会(県展)」前期の会期中、唯一の日曜だった6日、会場の高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」は大勢の人でにぎわった。計1056人が来場し、芸術の秋を味わった。

居合わせた出品者による解説も
居合わせた出品者による解説も
 今年の県展は前後期制で、前期は彫刻、書道、写真、グラフィックデザインの4部門。入賞入選した作品など計787点が展示されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化


ページトップへ