2019.10.02 08:34

「日本酒の日」に土佐酒を堪能 高知市ではし拳全日本選手権も

「かんぱーい!」と一斉に杯を掲げた参加者たち(高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」)
「かんぱーい!」と一斉に杯を掲げた参加者たち(高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」)
 「日本酒の日」に合わせ、全国各地で日本酒を楽しむイベントが1日、開かれた。高知市内の会場では県内外から約170人が集まり、県内の18蔵元が持ち寄った土佐酒を楽しんだ。

 日本酒造組合中央会(東京都)が1978年、1日を「日本酒の日」と制定。2015年から毎年、都内のイベント会場を生中継し、全国各地の飲食店などで映像に合わせて一斉に乾杯するイベントを開いている。

 高知会場は県酒造組合が主催。乾杯の前から早くも日本酒が振る舞われ、空き瓶がそこかしこに見られた。

 全国で一斉に乾杯するタイミングに合わせたカウントダウンは、竹村昭彦理事長(57)が音頭を取った。午後7時前、「土佐酒で!」の呼びかけに、参加者は「かんぱーい!」と杯を掲げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ