2019.10.02 08:33

林業労災をスマホで察知 安否確認システムで動けないと警報音

警報音を発するスマホ(香美市内)
警報音を発するスマホ(香美市内)
 林業現場の労働災害防止へ、香美森林組合(香美市)がスマートフォンを活用した安否確認システムを取り入れている。作業員が何らかの理由で動けなくなった場合、身に着けたスマホが感知し、周囲や事務所にアラーム(警報音)などで知らせる。作業員らには「安心感がある」と好評だ。
 
 9月下旬、高知県香美市内の間伐作業現場。香美森林組合職員が「試しに」と丸太の上にスマホを置く。3分ほど放置すると、けたたましいサイレン音が鳴り出した。
 
 スマホがセンサーで作業員の動きを把握。全く動きがない時間が一定あると、アラームを発して周りに知らせるほか、遠方にある事務所のパソコン画面にも位置情報を表示し、救命を要請する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央香長


ページトップへ