2019.09.30 08:39

【動画】走れ!牛、豚、鳥、人 高知農高体育祭




男女10人ずつで引っ張る「トラクター引き」。農業総合科を代弁する人気種目だ(写真はいずれも南国市下野田の高知農業高校グラウンド)
男女10人ずつで引っ張る「トラクター引き」。農業総合科を代弁する人気種目だ(写真はいずれも南国市下野田の高知農業高校グラウンド)
借り物競走ではポニーもハッスル。生徒顔負けの速さだ
借り物競走ではポニーもハッスル。生徒顔負けの速さだ
「鳥捕獲リレー」でシャモを捕まえる生徒たち。畜産総合科の定番種目だ
「鳥捕獲リレー」でシャモを捕まえる生徒たち。畜産総合科の定番種目だ
不機嫌そうな豚。爆睡中に出番が来たらしい
不機嫌そうな豚。爆睡中に出番が来たらしい
捕獲リレーなど熱戦 
 生徒と動物が競演する高知農業高校(南国市東崎)の体育祭がこのほど開かれた。生徒とともにポニーや鳥、犬なども疾走。農業高らしい一風変わった「名物」を大勢の観客が楽しんだ。
 
 「農業高色」を前面に出したのは2008年。当時の生徒会が「各科の特色を生かし学校を発信しよう」と企画し、今や同校の看板行事になった。
 
 26日は全校6科の584人が5チームに分かれ、19種目で熱戦。飼育動物が登場する借り物競走では、17歳のマスコット犬や豚が「ワンワン!」「ブヒッ」と大騒ぎ。「お願い、動いて」という走者の願いをよそに、牛や豚などはゆっくりとゴールテープを切った。
 
 男女10人ずつでトラクターを引っ張ったり、シャモを捕まえて籠に入れる捕獲リレーに苦戦したり。県外ファンも多く、徳島県から来た8人組は「ネットで知って興味津々。学校の魅力が詰まっていて素晴らしい」と感激していた。
 
 生徒会副会長の広田龍聖さん(17)=環境土木科3年=は「新種目を考え、毎年入れ替えるのも特徴。後輩たちも高知農高らしく改良してほしい」。同校OBでもある生徒指導の恒石芳彦教諭(46)は「動物も高知農高ファミリー。自分たちの学校を知るきっかけにもなる」と応援していた。(横田宰成)

カテゴリー: 香長教育教育

ページトップへ