2019.09.29 08:35

高知県内「最古木造仏」10/1公開 仁淀川町で2年ぶり 国の重要文化財

修復された本来の姿で公開される「木造菩薩坐像」(仁淀川町の養花院)
修復された本来の姿で公開される「木造菩薩坐像」(仁淀川町の養花院)

京都で1年かけ修復
 吾川郡仁淀川町竹ノ谷の臨済宗妙心寺派の養花院で10月1日、国の重要文化財に指定されている「木造菩薩坐像(ぼさつざぞう)」が一般公開される。昨春から1年かけて京都府で修復作業を行い、10年ほど外されていた宝冠なども再び身にまとっての2年ぶりのご開帳。寺関係者は「久しぶりにみなさんに本来のお姿を見てもらえる機会」と準備に力を入れている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高吾北


ページトップへ