2019.09.27 08:30

県内インフル「流行期」に 2番目の早さ

 高知県内でインフルエンザの患者数が増加しており、県は26日、「流行期に入った」と発表した。県内48医療機関から報告された先週(16~22日)の患者数が1医療機関当たり1・04人となり、流行開始の目安となる1人を上回ったため。流行期入りは昨年より約3カ月早く、新型インフルエンザが発生した2009年度に次いで過去2番目に早い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ