2019.09.24 08:36

日韓は憎しみより友好を 高知市で有志ら呼び掛け

プラカードを手に日韓友好を訴える参加者(高知市帯屋町1丁目)
プラカードを手に日韓友好を訴える参加者(高知市帯屋町1丁目)
 「差別なんて、いらない」「仲良くしようよ」―。日韓の政治的対立が激しくなる中、「日本コリア協会・高知」(下司孝之会長)の会員らが23日、高知市帯屋町1丁目のグリーンロードで「嫌韓をあおるのはやめよう」と道行く人らに呼び掛けた。

 「日韓連帯アクション・高知」と題し、協会員や市民有志ら約20人が、日本語と韓国語で「いっしょに生きていく」などと書かれた自作のプラカードを掲げて集合。「市民同士で憎しみ合う必要はない」「草の根では友好を続けよう」と約半時間、マイクで訴えた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ