2019.09.22 08:36

「川上音頭」30年ぶり復活を 香北中生が掘り起こし 香美市

チャーミングで奥ゆかしい「川上音頭」を練習する香北中1年生(香美市香北町美良布の市基幹集落センター)
チャーミングで奥ゆかしい「川上音頭」を練習する香北中1年生(香美市香北町美良布の市基幹集落センター)
 香美市の香北地域で昭和50年代から15年ほど踊られていた「川上音頭」を復活させようと、香北中学校の1年生が動き始めた。復活を喜ぶ住民らも熱心にサポート。生徒たちは「よさこいに負けない、伝統の踊りにする」と意気込んでいる。
 
 「―音頭」は当時の香北町民が誇れる踊りを作ろうと企画したもので、1978(昭和53)年に「韮生の川上さま」として知られる大川上美良布神社の夏祭りで初披露された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ