2019.09.22 08:00

小社会 県民の幸福度

 経済同友会という団体は、企業経営者が個人の資格で参加する。自由な立場のせいか、ときに個性的で味のある提言を出す。大企業や業界の代表でつくる経団連などと異なるところだ。
 
 土佐経済同友会もそんな地方団体の一つ。「国民総幸福量」を国策とするブータンをヒントに、豊かさを測る独自の指標「高知県民総幸福度」を長年提唱している。先日、3年ぶり4回目となる県民アンケートの結果を公表した。
 
 県内在住の15歳以上の4078人から得た結果をざっくり言えば、自分を「幸福」と感じている人は57・7%で、「不幸」は5・7%。10段階評価で7以上を「幸福」、3以下を「不幸」とした。年齢別では低年齢で不幸と感じる割合が高かったと分析している。
 
 約6割が幸福と答え、4~6の「普通」は36%。この結果をどう見るか。もちろん何をもって幸福とするかは、人それぞれで違う。幸福度の評価も人それぞれだろう。
 
 「まあまあいい県に住んでいるんじゃないの」とか「お国自慢が紛れ込んでいるのでは」とか、見方もいろいろ。だが一つだけ言えることは、幸福の多さよりも、数字は低くても不幸と感じる人がいることだ。県人口が70万人割れとなった今、政治や行政に携わる人は、不幸な人をなくすことに全力を挙げてほしい。
 
 不幸が最小である社会は、それ以外の人にも幸せであり、県民全体の幸福度をさらに底上げするだろう。
 
9月22日のこよみ。
旧暦の8月24日に当たります。みずのえ いぬ 八白 先勝。
日の出は5時53分、日の入りは18時04分。
月の出は23時22分、月の入りは13時02分、月齢は22.7です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時50分、潮位65センチと、16時49分、潮位123センチです。
満潮は11時53分、潮位148センチと、22時31分、潮位156センチです。
 
9月23日のこよみ。
旧暦の8月25日に当たります。みずのと ゐ 七赤 友引。
日の出は5時54分、日の入りは18時02分。
月の入りは14時00分、月齢は23.7です。
潮は長潮で、干潮は高知港標準で6時19分、潮位66センチと、19時11分、潮位129センチです。
満潮は13時56分、潮位152センチです。

カテゴリー: コラム

ページトップへ