2019.09.18 18:39

大阪商業施設、開発相次ぐ 訪日客見込み競争激化

 大丸心斎橋店本館建て替えの式典で記念撮影するJ・フロントリテイリングの山本良一社長(右から4人目)ら=18日午後、大阪市

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが86年ぶりとなる大丸心斎橋店本館の建て替えを終え、20日に新装開店する。本館の立地する大阪市内では訪日客の需要を見込んだ商業施設の開発が近年相次いでおり、顧客獲得競争が激しくなりそうだ。日韓関係悪化による韓国人客減少といった逆風をはね返せるかどうかが焦点となる。

 大丸心斎橋店で18日開かれた式典で、J・フロントの山本良一社長は「建て替えにより心斎橋に新たな価値を加え、世界が憧れる町にしたい」と意気込んだ。
カテゴリー: 経済


ページトップへ