2019.09.18 15:13

世界最高層の住居ビルになるセントラルパーク・タワー

世界最高層の住居ビルになるセントラルパーク・タワー

AsiaNet 80564 (1761)


【ニューヨーク2019年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*マンハッタンの億万長者通りに1550フィートの最高層ビルが最新加入

住宅、商業・ホスピタリティー施設のフルサービス不動産開発企業、Extell Development Companyは18日、1550フィートそびえ立つCentral Park Tower(セントラルパーク・タワー)が世界最高層の住居ビルになると発表した。「億万長者通り(Billionaire's Row)」として知られる回廊地帯、ウエスト57丁目に立地するCentral Park Towerはニューヨーク超高層ビルの決定版で、果てしない眺望、精妙な建築、優雅なレイアウト、かつてないレベルのサービスを提供する。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/996531/Park_Hero.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/996530/Crown.jpg

Extell Development Companyの創業者兼会長ゲーリー・バーネット氏は「Central Park Towerはニューヨークと世界の開発の頂点である。世界で最も有能な建築家、技師、設計士の貢献がなければ、われわれはこのレベルの設計、品質、サービスを提供できなかった」と語った。

Extellはウエスト57丁目初の超高層コンドミニアムOne57によって、マンハッタン億万長者通りの開発を先駆けた。Extell はCentral Park Towerの最高層更新で、回廊沿いの高級デベロッパーとしての地位を固める。

高機能、高エネルギー効率と印象的な建築の設計にコミットしているトップ級設計事務所Adrian Smith + Gordon Gill Architecture(AS + GG)が設計した。Central Park Towerの美しい正面はガラスとサテン仕上げのステンレス鋼を組み合わせ、光を取り込む垂直、水平の細部が質感と光の相互作用を際立たせる。地上300フィートの高さにあるタワーの片持ち梁は東方に伸び、北面住居全体のセントラルパークの眺めをつくり出している。

壮大な住居インテリアは、アスペンのセントレジス・ホテル、ニューヨークのロウズリージェンシー・ホテルなどを手掛けたRottet Studioが設計した。Central Park Tower 全体に及ぶRottet Studioの商標レベルの細部と独自の注文仕上げは、極めて洗練された環境を生み出している。179戸の超高級2-8ベッドルーム住居はビル32階から始まり、床面積は1435-1万7500平方フィートある。

これまで建てられた中で最高層の住居タワーには、世界有数の独占的な会員制クラブ、Central Park Club(セントラルパーク・クラブ)ができる。クラブは厳選高級アメニティーが3階の約5万平方フィートに広がり、各地点が5つ星サービスに補完された独自体験を提供する。

Central Park Towerの基部には、Nordstrom(ノードストローム)初の総合デパートが入居する。この床面積約30万平方フィート、7階のデパートはブランド最大の展開で、25年間積み重ねてきたニューヨーク旗艦店適地探しのたまものである。これは100年を超えるNordstromの歴史で最大の単一プロジェクト投資である。デパートは2019年10月24日に開店する。

Extellは、評価の高い世界第2の超高層ビル、Shanghai Tower(上海タワー)を担当した大手インフラ投資企業、Shanghai Municipal Investmentの米国子会社、SMI USA(SMI)とCentral Park Towerを共同開発した。世界有数の不動産、インフラ、開発、建築管理企業のレンドリースがCentral Park Towerの建設管理者を務めている。

最初の不動産販売は2020年完了予定。Central Park Towerの現在購入可能な価格は690万ドルから。詳しい情報、販売ギャラリーの面会予約は212-957-5557に電話するか、www.centralparktower.com を参照。

▽Extellについて
Extell Development Companyは全米で高い評価を受けている住宅、商業施設、小売、ホスピタリティー、複合用途施設の不動産開発企業で、主にマンハッタンやその他の国内主要都市で事業展開している。Extellは世界的に認められた建築家や設計の専門家と協力し、洗練されたデザイン、優雅な間取り、一流アメニティーで名高い物件を創り出している。

開発中のプロジェクトには、ローアー・マンハッタン最大のコンドミニアムで息をのむようなウォータービュー、シティービューと10万平方フィート超のアメニティーを誇るOne Manhattan Square、ブリックリン最高層のビルBrooklyn Point、アッパーイーストサイドのクラシックなエレガンスを映し出す内装のアールデコ風のビル、イースト95丁目200のThe Kent、11階すべてがカスタムメードでラグジュアリーなメゾネットコンドミアムの1010 Park、ウエストソーホー敷地内のハドソン・スクエア初のラグジュアリー住宅開発の70 Charltonがある。Extellはまた、995 5番街の旧Stanhope Hotelやアッパー・ウエストサイドのランドマークビルThe Belnordなど、ランドマーク周辺のクラシック建造物を復元、改修している。詳細については、www.extell.com を参照。

▽Adrian Smith + Gordon Gill Architectureについて
Adrian Smith + Gordon Gill Architecture(AS + GG)は高機能、高エネルギー効率で持続可能な建築の設計に専念している。AS + GGは、建築が市民生活に影響を与える固有の力を持つという理解の下で各プロジェクトに取り組み、社会を支援し、現代技術を発展させ、環境を維持し、まわりの人々に世界を向上させるという刺激を与える設計を追求している。AS + GGは米国の文化・複合用途施設プロジェクトに加え、現在はサウジアラビア、ドバイ、中国、インド、カナダ向けのプロジェクトを設計している。2006年にパートナーであるエードリアン・スミス、ゴードン・ジル、ロバート・フォレストの各氏が設立した。詳しくはsmithgill.com を参照。

ソース:Extell Development Company

▽問い合わせ先
M18 Public Relations
Anna LaPorte
+1-212-604-0318, x113
anna@m18pr.com

Madeline Schmitz
+1-212-604-0319 x 116
madeline@m18pr.com



【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/201909180975
カテゴリー: プレスリリース


ページトップへ