2019.09.18 08:41

野球の楽しさ伝えられた 退任の高知FD・駒田監督語る

ホーム最終戦後、ファンや選手に感謝の言葉を述べた駒田監督。人気者らしく高知での4年間を華やかに終えた(10日夜、高知球場=久保俊典撮影)
ホーム最終戦後、ファンや選手に感謝の言葉を述べた駒田監督。人気者らしく高知での4年間を華やかに終えた(10日夜、高知球場=久保俊典撮影)
 四国アイランドリーグplus、高知ファイティングドッグス(FD)の駒田徳広監督(57)が、今シーズン限りで退任した。2016年に就任し、通算成績は266試合で108勝119敗39分け。4年間の振り返りや高知のファンへの思い、FDやリーグの将来像などを聞いた。(村上和陽)

歯がゆさと葛藤繰り返し

 ―集大成となる後期は最下位に沈んだ。


 「敗因は守備力。思った以上にミスが出た。次の塁を軽くあげてしまう。送りバントで一塁もセーフにしたり間に合わないところに投げたり。このバントならどれくらい急いだら一塁でアウトにできる、という野球の『腹時計』がないからゆっくりやってセーフになる。腹時計を鍛えられなかった。4年間に言えることだが、一つ負けたら全部だめになっちゃう」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ