2019.09.17 08:39

土佐れいほく博 秋は嶺北で肉、肉、肉!土佐あかうし、大川黒牛、はちきん地鶏… 

スタンプラリーの台紙と「肉フェス」のポスター。嶺北産の肉をPRする多彩な催しがめじろ押しだ
スタンプラリーの台紙と「肉フェス」のポスター。嶺北産の肉をPRする多彩な催しがめじろ押しだ
ラリー企画やフェス次々
 秋の嶺北は“肉ラッシュ”―。嶺北地域で生産・加工される土佐あかうしや大川黒牛、土佐はちきん地鶏、野生の鳥獣肉(ジビエ)などを堪能するイベントが、10月を中心に続々と予定されている。いずれも「土佐れいほく博」の関連企画。
 
 嶺北4町村の飲食、量販店など29店が参加する「THE肉街道スーパースタンプラリー」は8月にスタート。昨年まで個別に行われていたラリー企画を統合した。スタンプ2個から全店制覇まで集めた数に応じて、抽選で4コース計53人に特産品セットが当たる。全店制覇なら、2種類のステーキ肉と土佐天空の郷(さと)米など計3万円相当。期間は12月25日まで。台紙は各店舗などで入手できる。
 
 10月13日には、本山町本山の吉野川ふれあい広場で「土佐の豊穣(ほうじょう)祭in嶺北」が開かれる。毎年人気の土佐あかうしの牛串などの出店が並ぶ。
 
 同14日は大豊町中村大王の「ゆとりすとパークおおとよ」で「第8回ジビエグルメフェスタ」。イノシシの丸焼きやうり坊レースも行われる。高知市のはりまや橋観光バスターミナルから無料送迎バス(要予約)が出る。
 
 同22日は土佐町田井のころろ広場で、初開催の「肉フェス」。4町村の肉料理や酒類が集まり、同町NPOの「お山のてづくり市」も合同開催される。(森本敦士)
 
 ラリー以外の3イベントはいずれも午前10時から。各問い合わせ先は次の通り。
 
 【スタンプラリー】道の駅「土佐さめうら」(0887・82・1680)
 【豊穣祭】土佐れいほく博推進協議会(0887・72・9400)
 【ジビエグルメフェスタのバス予約】ゆとりすとパークおおとよ(0887・72・0700)
 【肉フェス】実行委員会(0887・72・9303)。

カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ