2019.09.16 08:35

メガソーラー反対相次ぐ 四万十市の三里、佐田で説明会

 四万十市三里の四万十川沿岸で東京の事業者が計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)について、同市は13、14の両日、三里地区と下流の佐田地区で住民説明会を開いた。参加者からは景観や災害時の影響を懸念する声が相次いだという。

 説明会は住民側の意向で報道機関には非公開。関係者によると、13日の佐田地区は19人、14日の三里地区は17人が参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ