2019.09.16 08:46

外来アレチウリが県内四万十川流域などで拡大 早めの駆除を

竹やぶを覆い隠すアレチウリを駆除する四万十川上流淡水漁協組合員(四万十町上秋丸)
竹やぶを覆い隠すアレチウリを駆除する四万十川上流淡水漁協組合員(四万十町上秋丸)
アレチウリの葉
アレチウリの葉
 北米原産の外来植物、アレチウリが、四万十川流域など県内で見つかっている。四万十川上流淡水漁協(高岡郡四万十町)と県立牧野植物園によると、これまでに県内4カ所で確認。「繁殖力が非常に強い。早めの駆除を」と呼び掛けている。 

 アレチウリはウリ科の一年草で、環境省の特定外来生物(全148種、うち植物16種)と、日本生態学会の「侵略的外来種ワースト100」(植物27種)に指定されている。北米から、飼料用大豆に交じって日本に入ったと考えられている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ