2019.09.15 08:49

2019高知県知事選 県内野党勢に主戦論拡大 対抗馬擁立は視界不良 広田氏、衆院と板挟み

 11月7日の県知事選告示まで2カ月を切る中、立憲民主、国民民主、社民の3党などが独自候補を擁立する方針を決めた。4選不出馬を表明した尾﨑正直知事と、尾﨑氏が後継指名した浜田省司氏の“自民色”への反発から、野党内に主戦論が広がったためだ。ただ、候補者選定には見通しは立っておらず、出馬が取り沙汰される広田一氏も衆院議員続投を求める声との間で板挟みになっている。

 「浜田氏が『幅広い支持を求める』と言うなら、推薦願は自民と一緒に出すのが礼儀。言行不一致だ」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ