2019.09.13 14:32

ウルフルケイスケとリクオ 9/16に高知市でライブ

 リクオ=写真左=とウルフルケイスケ=同右=が16日、高知市追手筋1丁目のシャララでライブを行う。

 リクオは1990年に梅津和時プロデュースでデビュー。ソウルフルな歌声とグルービーなピアノスタイルが人気で、今年5月に新作アルバム「グラデーション・ワールド」を発売した。

 ウルフルケイスケは92年に、ウルフルズのギタリストとしてデビュー。「ミスタースマイル」の愛称で知られる。2018年からは同バンドの活動を休止中。ソロで全国各地を精力的に回っている。

 午後6時開演。4千円(当日4500円)。問い合わせは主催のライブハム(080・5663・2255)へ。15日午後7時からは、高木まひことシェキナベイベーズを加え、「高知街ラ・ラ・ラ音楽祭」のゲストとして高知市の中央公園のステージで歌う。

カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ