2019.09.13 08:20

「成人スチル病の症状と治療について」 高知市で医療講演会

 「成人スチル病」に関する医療講演会が28日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれる。全国膠原(こうげん)病友の会高知支部の主催。

 成人スチル病は全身性の炎症疾患で、主な症状は関節の痛みや皮疹(皮膚の病変)、高熱など。当日は、近森病院の公文義雄医師が症状や治療について話す。参加者同士の交流会も開く。

 午後1時半~3時半。参加無料だが、予約が必要。申し込み、問い合わせは全国膠原病友の会高知支部の竹島和賀子支部長(090・4502・1427)へ。

カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ