2019.09.13 08:36

ミツバチをおとなしくする忌避スプレー 南国市「KINP」が開発

ミツバチをおとなしくさせるスプレーを商品化した金哲史教授(南国市物部乙の高知大物部キャンパス)
ミツバチをおとなしくさせるスプレーを商品化した金哲史教授(南国市物部乙の高知大物部キャンパス)
スズメバチに続く第2弾
 ミツバチをおとなしくさせるスプレー「ビーサイレント」を、高知大学内のベンチャー企業「KINP(キンプ)」(南国市)が開発した。2018年商品化したスズメバチ向けに続く忌避剤の第2弾。養蜂家らに販売する。
 
 キンプ社長で高知大農林海洋科学部の金哲史(キムチョルサ)教授は2018年、杏仁豆腐に使う食品添加物の成分を使い、スズメバチの攻撃性を弱めるスプレーを商品化。今回、濃度や配合をミツバチ用にアレンジした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済香長


ページトップへ