2019.09.12 14:36

孤独の病・依存症 高知東生さんに聞く(7=終)誰でもそうなる可能性

8月30日の講演会には大勢の聴衆が訪れた(高知市本町1丁目の高知商工会館=佐藤邦昭撮影)
8月30日の講演会には大勢の聴衆が訪れた(高知市本町1丁目の高知商工会館=佐藤邦昭撮影)
 高知東生(たかち・のぼる)さん(54)=高知市出身=は、「この2年ぐらい、故郷に帰ることがずっと怖かった」と事件後の胸の内を語る。
 
  ◇  
 
 19歳で上京するフェリーに乗る前、仲間に「浦戸大橋通る時は出てこいよ」って言われてた。デッキに出たら、橋の上に100台近くのバイクがぶわーっと並んでて、ホーンとライトに見送られた。
 
 3カ月でホームシックになって帰ってきてしまった。親友が「家に泊まれ」って言うから行ったら、着いたとたんに「東京帰れ」ってぶん殴られた。
 
 殴った後に「足しにせえ」ってブタの貯金箱をくれた。「お前は俺らの夢も一緒に持って東京に行った。朝一で飛行機乗れ」って。小銭ばっかりで、2千円くらいしか入ってなかったわけだけど。
 
 逮捕後は、経営してたエステ店の後始末をして、女房にけじめもつけて、全部終わったら、死のうと思ってた。
 
 高知にはどうしても帰れなかった。「高知」って名乗りながら、しくじって、顔向けできなかった。
 
 昨年のある日、高知の後輩から、母親の墓が草ぼうぼうになってる写真が送られてきた。自分にとって、そこだけは弱点だったみたいで、久しぶりに帰ることに決めたけど、本当に怖かった。都会やマスコミ以上に、故郷の人に、どう思われているのかと。
 
 けど空港着いたら仲間が数え切れないくらい迎えに来てて、夜はメシ会開いてくれた。「人生一度くらい、誰だって失敗することはある。大事なのはここからやろ」って言ってもらった。いい年して涙が出た。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ