2019.09.12 08:38

宿毛と長宗我部氏を小説に 歴史作家・今村翔吾さんが取材

宿毛市内の神社などを見て回った今村翔吾さん=中央(宿毛市桜町の宿毛天満宮)
宿毛市内の神社などを見て回った今村翔吾さん=中央(宿毛市桜町の宿毛天満宮)
 直木賞候補にも挙がった歴史小説家の今村翔吾さん(35)=大津市=がこのほど、取材のため高知県宿毛市を訪れた。長宗我部元親と宿毛市の沖の島、鵜来島とのつながりなどを題材に新作を執筆し、年明け以降月刊誌での連載を予定している。

 京都府出身の今村さんは、滋賀県守山市での文化財調査員などを経て2017年に小説家としてデビュー。2018年に刊行した「童の神」は、直木賞候補に選ばれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能幡多


ページトップへ