2019.09.10 14:30

おむつバンクの輪広がれ 高知市で15日マルシェ 寄付で子育て支援

「おむつバンク」に集まった紙おむつ。困っている家庭に配られる (高知市の高知聖園ベビーホーム)
「おむつバンク」に集まった紙おむつ。困っている家庭に配られる (高知市の高知聖園ベビーホーム)
 紙おむつの寄付活動に取り組んでいる「高知おむつバンク」のチャリティーイベントが15日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で開かれる。おむつの寄付を受け付けるほか、雑貨やスイーツの販売、ワークショップなど多彩な催しがある。 

 経済的な事情などでおむつに事欠く家庭を支援しようと、高知東ロータリークラブが2017年に同バンクを開設。乳児院「高知聖園(みその)ベビーホーム」(高知市新本町1丁目)が「おむつ保管室」を設け運営している。

 この2年間で76袋が集まり、県内の社会福祉協議会などと連携して必要な家庭に配布してきた。ただ、バンクの知名度がまだ低く、在庫も多く残っていることから、活動の輪を広げようと今回のイベントを企画。「いろんな世代の方にバンクを知ってほしい」としている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会子育て高知中央


ページトップへ