2019.09.05 08:38

文字盤に土佐和紙のシチズン時計が人気 ひだか和紙が供給

土佐和紙が文字盤に使われた「ザ・シチズン」(シチズン時計提供)
土佐和紙が文字盤に使われた「ザ・シチズン」(シチズン時計提供)
 シチズン時計(東京都)の腕時計の最高峰シリーズ「ザ・シチズン」で、文字盤に土佐和紙を採用したバージョンが人気を集めている。8月には第5弾として、ひだか和紙(高知県高岡郡日高村、鎮西寛旨社長)の機械すき和紙を使ったモデルを発売。和紙の柔らかな風合いが独特の機能美をつくりだしている。
 
 「ザ・シチズン」には文字盤から取り込んだ光をエネルギーにして駆動する「エコ・ドライブ」搭載モデルがあり、新たなデザインを模索する中で、障子やちょうちんに使われて光を通しやすい土佐和紙に着目した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済高知中央


ページトップへ