2019.09.04 08:35

英語民間検定で不満続出 高知市で教員向け説明会 大学入学共通テスト

大学入試における英語の民間検定試験導入について不満の声が相次いだ教員向け説明会 (3日午後、高知市の県立ふくし交流プラザ)
大学入試における英語の民間検定試験導入について不満の声が相次いだ教員向け説明会 (3日午後、高知市の県立ふくし交流プラザ)
 大学入学共通テスト(2020年度開始)に導入される英語民間検定試験に関する説明会が3日、高知市内で開かれた。文部科学省と大学入試センターの担当者が来高し制度を解説したが、参加した県内の高校教員からは試験の公平性などを疑問視する声が噴出した。

 民間検定試験については試験会場や日時が一部しか明らかになっておらず、情報不足との批判が全国的に出ている。さらに、7種類ある試験の全てが全都道府県で実施されるわけではなく(高知県は2種類)、地域格差を疑問視する声も多い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知中央


ページトップへ