2019.09.02 08:50

創刊時から多彩な情報 115年迎えた高知新聞 自由民権館・氏原さんに聞く 

高知新聞創刊号を見ながら高知の新聞史を解説する氏原和彦さん(高知市桟橋通4丁目の市立自由民権記念館)
高知新聞創刊号を見ながら高知の新聞史を解説する氏原和彦さん(高知市桟橋通4丁目の市立自由民権記念館)
民権運動の土壌 記者育む
 115年前の明治37(1904)年9月1日、「高知新聞」が創刊された。日露戦争開戦に日本中が沸く中で発刊され、ライバル紙の「土陽新聞」と対抗しながら、戦前の県内の世論を形作っていく。高知の新聞史に詳しい高知市立自由民権記念館・学芸企画担当調整官の氏原和彦さん(60)に話を聞いた。

【関連記事】
写真でみる高知の115年 明治から令和へ【創刊記念日企画】
 
 「明治6(1873)年、高知で最初に創刊された地方紙が官許『高知新聞』。その後、自由民権運動系の『高知新聞』も発刊されます。これらは現在の高知新聞と直接関係はないですが、号名としての高知新聞の歴史は古いです」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ