2019.08.31 08:35

高知市がパワハラ職員処分 減給10%3カ月 部下に長時間暴言

 高知市は30日、市民協働部の課長補佐級の男性職員=50代=が部下に対して長時間暴言を浴びせたなどとして、減給10%、3カ月とする懲戒処分(30日付)を発表した。パワハラ行為による高知市職員の処分は初めて。

 市などによると、男性職員は6月19日、同じ課に勤務する部下の男性に対し、業務の確認や管理が不十分だとして、同僚らのいる前で「あほ、ばかたれ」「おんしゃあ、判断する脳みそもないがか」などと約30分にわたって暴言を浴びせ、精神的苦痛を与えたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ