2019.08.26 08:29

3・11の悔い 高知の中学生はこう生かす(1) 島村音橙さん

 高知新聞社が防災プロジェクト「いのぐ」として、2016年から毎夏行っている「県内中学生の被災地派遣」。8月も6人が、2011年3月11日、東日本大震災に襲われた宮城を訪れた。「こうしていれば…」と悔いを込め振り返る語り部たち。その言葉に耳を傾けた6人が、「今、自分にできること」をつづった。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ災害・防災


ページトップへ