2019.08.25 08:37

高知県中学野球最終日 西部、驚異の勝負強さ 野市、1球に泣く

 第70回県中学校野球選手権大会最終日は24日、東部球場で西部―野市の決勝戦を行い、西部が4―2で勝って、初の栄冠に輝いた。

【西部―野市】5回裏西部2死満塁、中野が走者一掃の三塁打を放ち4―2と逆転に成功する。投手小松、捕手百田(写真はいずれも東部球場=飯野浩和撮影)
【西部―野市】5回裏西部2死満塁、中野が走者一掃の三塁打を放ち4―2と逆転に成功する。投手小松、捕手百田(写真はいずれも東部球場=飯野浩和撮影)
【西部―野市】5回裏西部2死二塁、岡崎の左前打で二走・高塚がかえって1―2と追い上げる
【西部―野市】5回裏西部2死二塁、岡崎の左前打で二走・高塚がかえって1―2と追い上げる
 西部は0―2の五回、先頭の4番高塚がチーム初安打で出塁。これを岡崎がかえして1点差とすると、さらに岡田の内野安打などで2死満塁。ここで中野が右翼越えの三塁打を放ち、一挙に逆転した。中野は投げても2失点完投。野市の先発小松は、四回まで被安打0と抜群の投球だったが、五回に制球がやや乱れて西部打線につかまった。打線は二回に内野ゴロ、三回にライトゴロの間にそれぞれ1点ずつを挙げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ中学野球スポーツ


ページトップへ