2019.08.25 08:37

高知県中学野球決勝 西部、野市ナイン 仲間信じ白球追う

 西部と野市がともに初優勝を懸けてぶつかった24日の県中学校野球選手権大会決勝戦。ワンチャンスを生かして野市を逆転した西部が、70校56チームの頂点に立った。舞台となった高知市の東部球場では、仲間を信頼し、最後まで白球を追った選手たちに、スタンドから惜しみない拍手が送られた。
 
《西部》「自ら考える」練習開花
初優勝を果たし、スタンドに向けて喜びを表す西部ナイン
初優勝を果たし、スタンドに向けて喜びを表す西部ナイン

 西部の川村真弘監督が練習で心掛けるのは「生徒たちが自ら課題に向き合い、自ら解決すること」。そのために試合の具体的な状況を設定してシミュレーションを課し、時にはヒントだけを出して選手に考えさせる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ中学野球スポーツ


ページトップへ